コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠物詩 えいぶつしyŏng wù shī

世界大百科事典 第2版の解説

えいぶつし【詠物詩 yŏng wù shī】

中国の詩体名。詠物は《詩経》以来おこなわれていることであるが,一編のまとまった詠物詩が作られるようになったのは,六朝の斉・梁代においてである。自然の草木鳥獣から身辺の器物に至る,物名を題とした詩のことで,対象をいかに巧みに描写するかに人々は心を砕き,多くは権力者の下に開かれた文会で競作された。内容的に見るべきものは少ないが,高度な表現技巧は唐代に受けつがれ,李白・杜甫の詩に吸収されていった。【森野 繁夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone