詠物詩(読み)えいぶつし(英語表記)yŏng wù shī

世界大百科事典 第2版の解説

えいぶつし【詠物詩 yŏng wù shī】

中国の詩体名。詠物は《詩経》以来おこなわれていることであるが,一編のまとまった詠物詩が作られるようになったのは,六朝の斉・梁代においてである。自然の草木鳥獣から身辺の器物に至る,物名を題とした詩のことで,対象をいかに巧みに描写するかに人々は心を砕き,多くは権力者の下に開かれた文会で競作された。内容的に見るべきものは少ないが,高度な表現技巧は唐代に受けつがれ,李白・杜甫の詩に吸収されていった。【森野 繁夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android