コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠物詩 えいぶつし yŏng wù shī

1件 の用語解説(詠物詩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいぶつし【詠物詩 yŏng wù shī】

中国の詩体名。詠物は《詩経》以来おこなわれていることであるが,一編のまとまった詠物詩が作られるようになったのは,六朝の斉・梁代においてである。自然の草木鳥獣から身辺の器物に至る,物名を題とした詩のことで,対象をいかに巧みに描写するかに人々は心を砕き,多くは権力者の下に開かれた文会で競作された。内容的に見るべきものは少ないが,高度な表現技巧は唐代に受けつがれ,李白・杜甫の詩に吸収されていった。【森野 繁夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

詠物詩の関連キーワード詩経詠物四詩詩体申し行ふ行われる執行う見そこなはす『詩経』

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone