コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詠物詩 えいぶつしyŏng wù shī

世界大百科事典 第2版の解説

えいぶつし【詠物詩 yŏng wù shī】

中国の詩体名。詠物は《詩経》以来おこなわれていることであるが,一編のまとまった詠物詩が作られるようになったのは,六朝の斉・梁代においてである。自然の草木鳥獣から身辺の器物に至る,物名を題とした詩のことで,対象をいかに巧みに描写するかに人々は心を砕き,多くは権力者の下に開かれた文会で競作された。内容的に見るべきものは少ないが,高度な表現技巧は唐代に受けつがれ,李白・杜甫の詩に吸収されていった。【森野 繁夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

詠物詩の関連キーワード大沼枕山伊藤君嶺懐風藻法式善葛蠹庵漢文学査慎行漢詩秦冏李嶠瞿佑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android