身辺(読み)しんぺん

精選版 日本国語大辞典「身辺」の解説

しん‐ぺん【身辺】

〘名〙 のまわり。自分の身近なあたり。
※通俗赤縄奇縁(1761)二「他(かれ)この幾年銀子を偸み儲(たくは)へ、身辺(シンヘン)(〈注〉ミノマハリ)已に足ざることなし」
※悪魔(1903)〈国木田独歩〉八「火光矢の如く身辺(シンペン)を掠めて飛ぶこと無数」 〔水滸伝‐二八回〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「身辺」の解説

しん‐ぺん【身辺】

身のまわり。身近なあたり。「身辺が騒がしい」「身辺を警護する」「身辺整理」
[類語]手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近近く目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先かたわわき片方かたえ手もと手近間近近く付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android