コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物名 ブツメイ

百科事典マイペディアの解説

物名【もののな】

和歌の詠法の一種。〈隠題(かくしだい)〉とも呼ばれ,歌の意味内容とは関わりなく事物の名を詠みこむ,遊戯性の高い知的技巧。二重の意味を利かせず,言葉の形のみを借りる場合も多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぶつめい【物名】

物の名前。
「物名歌ぶつめいか」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の物名の言及

【懸詞】より

…その発達が本格的になるのは《古今集》時代以後である。平安時代には物名(ぶつめい∥もののな)という和歌の一体があったが,それは〈来(く)べきほど時過ぎぬれや〉(《古今集》)という句の一部に,鳥の名の〈ほととぎす〉を前後の意味・文脈と関係なしに隠し入れた類で,ふつうはこれを懸詞といわない。平安・鎌倉期の歌論・連歌論で〈秀句(しゆうく)〉と呼ばれるものには,懸詞のほかに当意即妙の気の利いた表現までも含まれることが多い。…

【言語遊戯】より

…〈かきつばた〉を隠した〈からころもきつつなれにしつましあればはるばるきぬるたびをしぞおもふ〉(在原業平(ありわらのなりひら))が典型例。指定された物の名を歌に詠み込む〈物名(ぶつめい)〉も類似の遊びである。(3)沓冠(くつかむり) 各句の頭(冠)のほかに,最後(沓)にも一定の語を折り込んだ和歌の手法。…

【懸詞】より

…その発達が本格的になるのは《古今集》時代以後である。平安時代には物名(ぶつめい∥もののな)という和歌の一体があったが,それは〈来(く)べきほど時過ぎぬれや〉(《古今集》)という句の一部に,鳥の名の〈ほととぎす〉を前後の意味・文脈と関係なしに隠し入れた類で,ふつうはこれを懸詞といわない。平安・鎌倉期の歌論・連歌論で〈秀句(しゆうく)〉と呼ばれるものには,懸詞のほかに当意即妙の気の利いた表現までも含まれることが多い。…

※「物名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

物名の関連キーワード源氏国名連歌むばたまの名付け初むイタリック千載和歌集入れ文字呼び響む烏羽玉の藤原輔相あわたつ花の衣揺がす舌訛む籠め題波の花向か脛行く方二中歴田の実川菜草

物名の関連情報