試料の量による化学分析の分類(読み)しりょうのりょうによるかがくぶんせきのぶんるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

試料の量による化学分析の分類
しりょうのりょうによるかがくぶんせきのぶんるい

化学分析/取り扱う試料の量による分類
分類:常量分析(マクロ分析)
 試料の量  0.1g程度以上
 実験器具類 通常の大きさ、形
分類:半微量分析(セミミクロ分析)
 試料の量  10~100mg程度
 実験器具類 常量分析とほぼ同じ
分類:微量分析(ミクロ分析)
 試料の量  1~10mg程度
 実験器具類 すべて小形
分類:超微量分析
   (ウルトラミクロ分析、ガンマ法)
 試料の量  超微量
 実験器具類 特別製の器具

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android