試料の量による化学分析の分類(読み)しりょうのりょうによるかがくぶんせきのぶんるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

試料の量による化学分析の分類
しりょうのりょうによるかがくぶんせきのぶんるい

化学分析/取り扱う試料の量による分類
分類:常量分析(マクロ分析)
 試料の量  0.1g程度以上
 実験器具類 通常の大きさ、形
分類:半微量分析(セミミクロ分析)
 試料の量  10~100mg程度
 実験器具類 常量分析とほぼ同じ
分類:微量分析(ミクロ分析)
 試料の量  1~10mg程度
 実験器具類 すべて小形
分類:超微量分析
   (ウルトラミクロ分析、ガンマ法)
 試料の量  超微量
 実験器具類 特別製の器具

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android