コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

試料の量による化学分析の分類 しりょうのりょうによるかがくぶんせきのぶんるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

試料の量による化学分析の分類
しりょうのりょうによるかがくぶんせきのぶんるい

化学分析/取り扱う試料の量による分類
分類:常量分析(マクロ分析)
 試料の量  0.1g程度以上
 実験器具類 通常の大きさ、形
分類:半微量分析(セミミクロ分析)
 試料の量  10~100mg程度
 実験器具類 常量分析とほぼ同じ
分類:微量分析(ミクロ分析)
 試料の量  1~10mg程度
 実験器具類 すべて小形
分類:超微量分析
   (ウルトラミクロ分析、ガンマ法)
 試料の量  超微量
 実験器具類 特別製の器具

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android