コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誉号 よごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誉号
よごう

浄土宗で,僧侶に対して与えられる称号。第4祖定慧が良誉と称したのに始るといわれ,「誉」が2字のあとの字としてつけられる。のちには五重相伝を授けられた者が称することのできる栄誉の称となり,念仏者は最もすぐれた人であるという意味をになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

誉号の関連キーワード万無上人観世信光大蔵虎明萱野来章水島言之無量光寺浄土宗三公蓮淳

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android