コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語猪麻呂 かたりの いまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

語猪麻呂 かたりの-いまろ

出雲国風土記(いずものくにふどき)」にみえる人物。
意宇(おう)郡安来(やすぎ)郷(島根県安来市)の毘売埼(ひめさき)で娘をワニ(和爾)にくわれた。天神地祇(ちぎ)を拝して復讐(ふくしゅう)の願をかけたところ,百余のワニが娘をおそったワニをかこんでやってきたので,殺して串(くし)刺しにしたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

語猪麻呂の関連キーワード意宇

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android