コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語猪麻呂(読み)かたりの いまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

語猪麻呂 かたりの-いまろ

出雲国風土記(いずものくにふどき)」にみえる人物。
意宇(おう)郡安来(やすぎ)郷(島根県安来市)の毘売埼(ひめさき)で娘をワニ(和爾)にくわれた。天神地祇(ちぎ)を拝して復讐(ふくしゅう)の願をかけたところ,百余のワニが娘をおそったワニをかこんでやってきたので,殺して串(くし)刺しにしたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android