天神地祇(読み)テンジンチギ

大辞林 第三版の解説

てんじんちぎ【天神地祇】

天の神と地の神。天つ神と国つ神。あらゆる神々。 〔日本では、高天原たかまのはらに生成または誕生した神々を天神、初めから葦原中国あしはらのなかつくにに誕生した神を地祇とする〕
仏教で、天界に住む夜叉・梵天・帝釈天などの天神と、地界に住む堅牢地神・八大竜王などの地祇の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android