コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神地祇 テンジンチギ

大辞林 第三版の解説

てんじんちぎ【天神地祇】

天の神と地の神。天つ神と国つ神。あらゆる神々。 〔日本では、高天原たかまのはらに生成または誕生した神々を天神、初めから葦原中国あしはらのなかつくにに誕生した神を地祇とする〕
仏教で、天界に住む夜叉・梵天・帝釈天などの天神と、地界に住む堅牢地神・八大竜王などの地祇の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天神地祇の関連キーワード五ヵ条の誓文勤労感謝の日八十魂の神祭る・祀る六人部是愛堅牢地神八大竜王安曇磯良天神信仰神社私考祭祀大権吉田兼倶宮中三殿神道大教語猪麻呂天地神明皇天后土神殿祭道臣命歳旦祭

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天神地祇の関連情報