コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読経争ひ ドキョウアラソイ

デジタル大辞泉の解説

どきょう‐あらそい〔ドキヤウあらそひ〕【読経争ひ】

経文中の主要な文句を朗誦して、その声や節回しの優劣をきそうこと。
「若き上達部、殿上人など、今様うたひ―など侍りけるに」〈弁内侍日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どきょうあらそい【読経争ひ】

経文を読み合って争う一種の遊戯。声・節回しなどのよしあしを競い合った。 「そこはかとなき若君達などは、-・今様歌ども声を合せなどしつつ/栄花 初花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

読経争ひの関連キーワード上達部

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android