上達部(読み)かんだちめ

精選版 日本国語大辞典「上達部」の解説

かんだち‐め【上達部】

〘名〙 (「かむだちめ」とも表記) 摂政関白太政大臣左大臣、右大臣、内大臣、大納言、中納言、参議、及び三位以上の人の総称。参議は四位であるがこれに準ぜられた。公卿。雲上人。かんだちべ。
※竹取(9C末‐10C初)「帝〈略〉大臣・上達部を召して」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「御階(みはし)のもとに、親王(みこ)たちかむたちめつらねて」

かんだち‐べ【上達部】

※饅頭屋本節用集(室町末)「上達部 カンダチベ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「上達部」の解説

上達部
かんだちめ

公卿の異称で,三位以上の殿上人をいう
参議は四位であってもこれに含まれた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の上達部の言及

【公卿】より

…鎌倉時代以降,公卿の員数はますます増大したが,一方,家格の形成に伴い,公卿に昇る上流廷臣の家柄もしだいに固定し,江戸時代には,その家柄に属する廷臣の総称として,公家とほぼ同じ意味にも用いられた。上達部(かんだちめ),卿相(けいそう),月卿(げつけい),棘路(きよくろ)などの異称もある。【橋本 義彦】。…

※「上達部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android