コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁内侍日記 べんのないしにっき

6件 の用語解説(弁内侍日記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁内侍日記
べんのないしにっき

鎌倉時代中期の女流日記。弁内侍著。2巻 (もと1巻を分けたものか) 。著者は宮廷画家藤原信実の娘で,後深草天皇の女房。寛元4 (1246) ~建長4 (52) 年頃の宮廷生活を主として記し,和歌 304首,連句6句を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

べんのないしにっき【弁内侍日記】

弁内侍の日記。2巻。寛元4~建長4年(1246~52)の間の宮中の行事を、和歌を交えながら記したもの。後深草院弁内侍集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弁内侍日記【べんのないしにっき】

鎌倉中期の日記。2巻。作者弁内侍は藤原信実の女(むすめ),藤原隆信の孫で,後深草天皇に仕えた。1246年後深草天皇即位から1252年ごろまでの宮中生活を記す。200首に及ぶ作者の歌を中心に,《中務(なかつかさ)内侍日記》と対照的な明朗な女房生活が描かれている。
→関連項目日記文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

べんのないしにっき【弁内侍日記】

鎌倉時代の日記。《後深草院弁内侍家集》ともいう。著者は中務大輔藤原信実の娘(実名不詳)で,肖像画の名手藤原隆信の孫に当たる。後深草天皇に皇太子時代から仕えた。日記の期間は1246年(寛元4)の後深草天皇即位から52年(建長4)ころまで,内容は200首に及ぶ著者の歌を中心に,宮廷生活における行事や見聞を記す。ただし,現存本は巻末に相当量の脱落があると推定される。【今西 祐一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

べんのないしにっき【弁内侍日記】

日記。二巻。弁内侍作。後深草天皇に仕えた作者が、1246年から52年に至る宮中生活を、自作歌を交えつつ記したもの。後深草院弁内侍集。弁内侍寛元記。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弁内侍日記
べんのないしにっき

鎌倉時代の日記文学。二巻。1252年(建長4)までの記事がある。作者後深草院(ごふかくさいん)弁内侍は似絵(にせえ)(肖像画)の大家藤原信実(のぶざね)の女(むすめ)(生没年未詳)。姉妹の藻壁(そうへき)門院少将、少将内侍とともに優れた歌人であった。内容は後嵯峨(ごさが)天皇譲位の1246年(寛元4)に起筆、ついで後深草天皇即位以後断続的に52年まで7年間のことがあるが、現在伝わる日記は末尾が散逸しており、作者はさらに7年後の1259年(正元1)後深草譲位まで奉仕していたことが知られるから、本来はこのころまで書き継がれたものと思われる。天皇の行動や宮廷行事に関するもので公的性格が強く、めでたいこと、おもしろいことなど明るい記事の羅列であるが、機知とユーモアに富んだ天真爛漫(らんまん)な作者の個性もよく出ている。歌が304首、連句が六句あるので、「弁内侍家集」とも称される。[松本寧至]
『池田亀鑑著『宮廷女流日記文学』(1927・至文堂) ▽玉井幸助著『弁内侍日記新注』(1958・大修館書店) ▽玉井幸助著『日記文学の研究』(1965・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弁内侍日記の言及

【小歌(小唄)】より

… この小歌がいかなる経路によって,後世の中世(室町)小歌のような短詩型の流行歌謡を意味するようになったかは明らかでないが,おそらく小歌女官の演唱する歌謡が,〈五節舞〉という女楽的な歌曲の性質上,曲節にもおのずから優婉味が加わり,歌詞にも世俗的な傾向を帯びた恋歌が選ばれ,やがてそれが内裏の女房たちの列する宴席歌謡などにも流用されるに及んで,いつしか〈小歌〉という名称が,中世小歌のような抒情的内容の歌曲類を意味するようになったと推測される。鎌倉時代の《弁内侍日記(べんのないしにつき)》(1252年(建長4)成立)には,こうした五節間の記事とともに,女房たちが宴席において五節の出歌のまねをして遊んだことなども記され,五節間に行われた短詩型の歌謡群が,やがて遊宴歌謡化して中世小歌の母体ともなったであろうことを明らかに推測せしめる。志田延義は平松家旧蔵の《異本梁塵秘抄口伝集》(1185年(文治1)以後成立か)の奥書や,《綾小路俊量卿記(あやのこうじとしかずきようき)》(1514年(永正11)成立)の〈五節間郢曲事(ごせちかんえいきよくのこと)〉に見られる〈鬢多々良(びんたたら)〉〈思之津(おもいのつ)〉〈物云舞(ものいうまい)〉〈伊左立奈牟(いざたちなん)〉〈白薄様(しろうすよう)〉など,五節豊明(ごせちとよのあかり)の節会の殿上淵酔(てんじようえんずい)に行われた諸歌謡の中に,中世小歌の律調上の源泉とすべきものを見いだし,わけても, 千世に万世(よろずよ) かさなるは 鶴のむれゐる 亀岡(7・5・7・4)に始まる13首の物云舞のごとく,各歌の末尾にある4音(小歌では5音に変化)が,中世歌謡に著しくなる一特色として,後来の小歌の律形式の一源泉であることを指摘した。…

※「弁内侍日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弁内侍日記の関連キーワードとはずがたり弁内侍問はず語り後深草院少将内侍後深草院弁内侍少将内侍(3)藻璧門院少将大納言典侍近子弁内侍(1)《後深草院弁内侍家集》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone