誰知らぬ(読み)たれしらぬ

精選版 日本国語大辞典「誰知らぬ」の解説

たれ【誰】 知(し)らぬ

(「だれしらぬ」とも) だれも知らない。
浄瑠璃・心中刃はの朔日(1709)上「堂島新地しじみ川茶屋暗屋煮売屋で、鍛冶屋の大尽平様と誰しらぬ者もない平兵衛殿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「誰知らぬ」の解説

だれ‐しらぬ【誰知らぬ】

[連語](打消しの語を伴って)だれも知らない。皆が知っている事柄を強調していうときに用いる。「誰知らぬ者とてない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android