調子のり世代(読み)ちょうしのりせだい

知恵蔵の解説

2007年カナダで行われたU-20ワールドカップに出場した日本代表は、ゴール後にビリーズブートキャンプパフォーマンスを披露するなど、明るいキャラクターが注目されて「調子のり世代」と呼ばれた。決勝トーナメント1回戦でチェコPK戦で敗れたが、PK戦は記録上引き分け扱いになるので、無敗で大会を去ったことになる。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android