諷刺(読み)ふうし

普及版 字通「諷刺」の解説

【諷刺】ふうし

それとなくそしる。〔顔氏家訓、教子〕詩に刺の詞り。禮に疑(けんぎ)の誡り。書に悖亂(はいらん)の事り。春秋に袤僻(ぼうへき)の(そし)りり。

字通「諷」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android