諸差(し)縄(読み)モロサシナワ

デジタル大辞泉の解説

もろ‐さしなわ〔‐さしなは〕【諸差(し)縄】

馬の差し縄で、左右両方につけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もろ‐さしなわ ‥さしなは【諸差縄】

〘名〙 差縄の一つ。麻布の縒縄で、馬の頸にかけて(くつわ)の左右の遊金(あそびがね)に通し、上手・下手の口取に持たせて引かせる。また、口取に引かせないときは、鞍の鞖(しおで)に左右それぞれ結んでおく。⇔片差縄
※餝抄(1238頃)下「和鞍 〈略〉差縄。公卿師差縄。四位已下片差縄」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android