コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下手 シタテ

デジタル大辞泉の解説

した‐て【下手】

《「したで」とも》
位置・方向が下のほう。特に、風下・川下などをいう。しもて。⇔上手(うわて)
相手より地位や能力が下であること。また、その地位など。
へりくだること。⇔上手(うわて)
「男は言葉を柔げて―に頼むように」〈魯庵社会百面相
相撲で、組み合ったときに差し手で相手のまわしを取ること。また、その手。⇔上手(うわて)
囲碁・将棋で、対局者のうち段位・力量の劣ったほう。⇔上手(うわて)
犬追物(いぬおうもの)で、自分の馬の後に立つ射手。

しも‐て【下手】

下の方。下座(しもざ)の方。「下手に座をとる」⇔上手(かみて)
川の流れていく方。下流。⇔上手(うわて・かみて)
芝居の舞台の、客席から見て左の方。⇔上手(かみて)

へた【下手】

[名・形動]《「はた(端)」あるいは「へた(端)」の変化で、奥深くない意からか》
物事のやり方が巧みでなく、手際が悪いこと。また、そのさまや、その人。「泳ぎが下手な人」「字をわざと下手に書く」「人の使い方が下手だ」⇔上手(じょうず)
なまはんかであること。なまじっかなことをして結果が悪くなること。また、そのさま。「下手な小細工をすると大事になりかねない」「下手に口出しはできない」
中途半端なこと。満足できるような程度でないこと。また、そのさま。「彼の蔵書は下手な図書館の比ではない」「下手な画家顔負けの絵」
[派生]へたさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したて【下手】

〔「したで」とも〕
下の方。下の方の場所。また、川下や風下。しもて。 「丘の-に陣を取る」
相撲で相手の差し手の下に差した組み手。また、その腕。 ↔ 上手うわて
囲碁・将棋などで、棋力の劣る方の指し手。 ↔ 上手うわて
[句項目]

しもて【下手】

川の下流の方。 「この川の-に大きな橋がある」
地勢的に見て、低い方。 「道の-にある畑」
演劇において客席から舞台を見たときの左側のこと。撮影においては、カメラのファインダーから見て左側のこと。 「一人の男が-から登場する」
▽↔ 上手かみて

へた【下手】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
技術などのうまくない・こと(さま)。そのような人をもいう。 ↔ 上手じようず 「字の-な人」 「 -だがよく歌う」
(悪い結果を招くような)手ぎわの悪いこと。思慮の足りないこと。また、そのさま。 「 -な事を言うとかえってよくない」 「 -に手を出すな」
中途半端なこと。なまなかなこと。また、そのさま。 「 -な学者より精通している」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下手
しもて

上手」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

下手の関連キーワード天井掴み底たたき・天井摑み底たたき下手な鉄砲も数打てば当たる双差し・両差し・双差・両差下手な鉄砲も数撃てば当たる蚯蚓ののたくったよう話し上手の聞き下手下手は上手のもと下手の道具調べ下手の長談義下手の横好きファインダー雀の踊り足下手すると下端に付く棒振り剣術禿筆を呵す下に出る折れ釘流目高見物叩き大工

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下手の関連情報