コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

識別閾(読み)しきべついき(英語表記)threshold of discrimination; threshold of distinction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

識別閾
しきべついき
threshold of discrimination; threshold of distinction

弁別閾,区別域ともいう。2つの刺激の相違を知るためにはその2つの刺激の量的な差が,ある程度以上大きくなければならない。この識別できるための最小の差を識別閾という。現に与えられている刺激の強さ ( S ) が大きいと,識別閾 ( ΔS ) も,これに比例して大きくなる。すなわち ΔS/S=一定 となる。これをウェーバーの法則という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の識別閾の言及

【感覚】より

…感覚が生ずる最小の刺激の強さを,その感覚の刺激閾(絶対閾)という。またある強さII+⊿Iが識別できる最小の強さの差⊿Iを強さに関する識別閾という。この場合,⊿I/Iの比を相対刺激閾という。…

※「識別閾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android