コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁別閾 べんべついきdifference threshold; difference limen(D.L.)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁別閾
べんべついき
difference threshold; difference limen(D.L.)

心理学用語。標準となる刺激のある属性を変えたとき,変化したことがわかる最小の変化量のことで,丁度可知差異ともいう。操作的には,通常変化に気づく反応と気づかない反応とが半々に生じる変化量をとって決定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

べんべつ‐いき〔‐ヰキ〕【弁別×閾】

心理学で、同種の刺激を変化させたとき、その相違を感知できる最小の刺激差。最小可知差異。丁度可知差異。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べんべついき【弁別閾】

〘心〙 感覚上、同種の刺激の相違を感知しうるのに必要な最小の刺激差。丁度可知差異。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の弁別閾の言及

【閾】より

…ある一定の性質をもつ刺激を使って閾を測定し,反応の起りやすさの指標とする。二つの刺激を比較してその強さの違いを区別するのに最小必要限の強さの違いは弁別閾と呼ばれる。われわれの感覚では,大きな刺激どうしを比べるときは小さな刺激どうしを比べるときよりも弁別閾は高くなる。…

※「弁別閾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

弁別閾の関連キーワードウェーバー‐フェヒナーの法則ウェーバー=フェヒナーの法則ヨハネス・フォン クリースファイ=ガンマ関数ウェーバーの法則フェヒナーの法則精神物理学ウェーバー異常3色覚身体感覚心理学識別閾感覚触る弁別

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android