コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝地高菜

デジタル大辞泉プラスの解説

貝地高菜

茨城県石岡市で生産される葉物野菜。同市の貝地地区で古くから栽培されており、江戸時代には高菜漬けに利用されていたとされる。旧地名にちなみ「かえじたかな」とも読む。別称「石岡たかな」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

貝地高菜[葉茎菜類]
かいじたかな

関東地方、茨城県の地域ブランド。
主に石岡市貝地地区で生産されている。江戸時代には漬物として利用されていたという。とうが立つ前に収穫して塩漬けすると、辛さと風味がよく、漬けても緑色が濃く残る。現在では自家消費程度の生産量となっている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

貝地高菜の関連キーワード茨城県石岡市関東地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android