コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝状形 カイナリガタ

デジタル大辞泉の解説

かいなり‐がた〔かひなり‐〕【貝状形】

貝のような形。特に、笄(こうがい)の一種。江戸時代に、三の間(ま)以上の奥女中が用いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいなりがた【貝状形】

貝のような形。特に、その形をした笄こうがい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報