貝葉・唄葉(読み)ばいよう

  • ばいよう ‥エフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ばいたらよう(貝多羅葉)」の略) 多羅樹の葉。インドでは経文を書写するのに用いられた。転じて、経典のこと。
※性霊集‐五(835頃)請越州節度使内外文書啓「石室難見、貝葉罕聞者、路険之所致也」 〔鄭剛中‐山斎賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android