コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形年金積立保険 ザイケイネンキンツミタテホケン

デジタル大辞泉の解説

ざいけいねんきん‐つみたてほけん【財形年金積立保険】

財形貯蓄制度に基づき、勤労者の財産形成を支援するための保険の一。払い込み保険料の累計額が385万円までは利子差益が非課税となり、さらに年金受け取り開始後に受け取る年金も非課税。年金受け取り以外の目的で引き出す場合は解約となり、課税対象となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

財形年金積立保険の関連キーワード財形住宅貯蓄積立保険財産形成保険財形保険

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android