コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形 ザイケイ

大辞林 第三版の解説

ざいけい【財形】

〔「勤労者財産形成制度」の略〕
勤労者が貯蓄や持ち家などの財産を安定して取得できるように、政府や事業主が援助する制度。1972年(昭和47)開始。勤労者は給与の一部を天引きの形で積み立て、税制上の優遇や融資が受けられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

財形の関連キーワード財形住宅貯蓄積立保険・財形住宅傷害保険財形貯蓄積立保険・財形貯蓄傷害保険財形給付金保険・財形給付金傷害保険財形基金保険・財形基金傷害保険生命保険料の所得控除制度損害保険契約者保護機構勤労者退職金共済機構財形住宅貯蓄積立保険勤労者財産形成制度日産火災海上保険財形年金積立保険財形住宅資金融資財形貯蓄積立保険財形給付金保険企業内住宅融資生命保険料控除雇用促進事業団簡易生命保険普通生命保険財形基金保険

財形の関連情報