コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久板栄二郎 ひさいたえいじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久板栄二郎
ひさいたえいじろう

[生]1898.7.3. 宮城
[没]1976.6.9. 東京
劇作家,シナリオライター。 1927年東京大学卒業。在学中の 26年末,日本プロレタリア芸術連盟 (プロ芸) に参加,『犠牲者』 (1926) など多くの劇作をトランク劇場,前衛座,東京左翼劇場で上演。 34年新協劇団の創立に参加,『断層』 (35) ,『北東の風』 (37) ,『千万人と雖 (いえど) も我行かん』 (37) ,『神聖家族』 (39) などを発表した。 40年の劇団解散以後はシナリオに転じ,第2次世界大戦後の『大曾根家の朝』 (46封切) ,『わが青春に悔なし』 (46封切) などの映画で力量を示した。ほかに戯曲『親和力』 (49) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

久板栄二郎【ひさいたえいじろう】

劇作家。宮城県生れ。東大国文科卒。在学中からプロレタリア演劇運動に参加。左翼劇場新協劇団に加わり《断層》《北東の風》などを発表。シナリオも書き,黒澤明監督《わが青春に悔なし》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久板栄二郎 ひさいた-えいじろう

1898-1976 昭和時代の劇作家。
明治31年7月3日生まれ。東京帝大在学中からプロレタリア演劇運動にはいる。昭和9年新協劇団の創立に参加し,「断層」「北東の風」などを発表。戦後は映画脚本家として黒沢明監督の「わが青春に悔なし」,木下恵介監督の「大曾根家の朝」などを手がけた。昭和51年6月9日死去。77歳。宮城県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひさいたえいじろう【久板栄二郎】

1898‐1976(明治31‐昭和51)
劇作家。宮城県生れ。二高在学中から戯曲を書いていたが,1922年東京帝大国文科に入学後,新人会に接近し,プロレタリア戯曲の第一作《犠牲者》(1926)で注目された。その後左翼劇場に入り,日本プロレタリア劇場同盟の中央常任委員として活躍した。劇作家の地位を確立したのは,新協劇団で上演された《断層》(1935)からであり,《北東の風》《千万人と雖(いえど)も我行かん》(ともに1937)などのリアリズム戯曲を発表して,戦前の進歩的演劇を支えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久板栄二郎
ひさいたえいじろう
(1898―1976)

劇作家、シナリオ作家。宮城県に生まれる。東京帝国大学国文科在学中に新人会に接近し、卒業後プロレタリア演劇運動に参加。1934年(昭和9)新協劇団創立に加わり、『断層』(1935)、『北東の風』『千万人と雖(いえど)も我(われ)行かん』(1937)などを発表。第二次世界大戦前の社会派リアリズム戯曲の金字塔を築いた。新協劇団解散後は松竹大船撮影所に在籍してシナリオを書き、戦後、木下恵介監督の『大曽根家(おおそねけ)の朝』(1946)、黒澤明監督の『わが青春に悔なし』(1946)、『白痴』(1951)などを手がけた。劇作には『親和力』(1949)、『赤いカーディガン』(1955)、『原理日本』(1970)などがある。[大島 勉]
『『久板栄二郎戯曲集』全一巻(1972・テアトロ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の久板栄二郎の言及

【わが青春に悔なし】より

黒沢明監督の戦後第1作(《虎の尾を踏む男達》が終戦直後に完成していたが,占領軍の検閲によって公開を保留され,1952年まで公開されなかった)。木下恵介監督の戦後第1作《大曾根家の朝》(1946)とともに戦後の日本の〈民主主義映画〉のさきがけをなした名作で,脚本は《大曾根家の朝》の脚本も書いている戦前からの社会主義リアリズムの劇作家久板(ひさいた)栄二郎である。 言論と思想の自由が弾圧された京大の〈滝川事件〉と国際スパイ事件と騒がれた〈ゾルゲ事件〉をモデルにして,苦境の中で〈自我〉に目覚め〈自我〉を貫いて生きた一人の女性像を描く。…

※「久板栄二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久板栄二郎の関連キーワードブルガリア文学社会小説川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドーム新自由クラブ名人戦ロッキード事件アイヌ語学習塾

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone