貨幣商品説(読み)かへいしょうひんせつ

百科事典マイペディアの解説

貨幣商品説【かへいしょうひんせつ】

貨幣も商品であるとするK.マルクスの説で,名目主義に対立する。商品のうち金属のみをとり上げるならば金属主義といわれる。商品流通が特定の商品を貨幣として排除し,この商品は貨幣の機能に適当な性質を備えるために貨幣として固定する。歴史的には金が貨幣となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android