コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責め伏す セメフス

デジタル大辞泉の解説

せめ‐ふ・す【責め伏す】

[動サ下二]
厳しく言って、無理に承服させる。説き伏せる。
「―・せられければ、なまじひに山科へ向ひてけり」〈愚管抄・五〉
問いつめる。詰問する。
「言葉を以て―・せて問はんずるものを」〈義経記・六〉
こき使う。酷使する。
「馬も人も―・せて候」〈平家・五〉
笛や舞などを高い、強い、または早い調子で演じる。
「万秋楽は…真実は―・せて吹くべきなり」〈著聞集・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せめふす【責め伏す】

( 動下二 )
口で説いて従わせる。説き伏せる。 「 - ・せられければ、なまじひに山科へ向ひてけり/愚管 5
問いつめる。詰問する。 「名乗れと-・せ候ひつれ共/平家 一四・長門本
酷使して疲れさせる。 「馬も人も-・せて候/平家 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android