責一人に帰す(読み)せめいちにんにきす

精選版 日本国語大辞典「責一人に帰す」の解説

せめ【責】 一人(いちにん)に帰(き)

すべての責任は、煎じつめれば結局一人主権者にある。
平家(13C前)一〇「時の大将軍にて候し上は、せめ一人に帰すとかや申候なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android