責一人に帰す(読み)せめいちにんにきす

精選版 日本国語大辞典 「責一人に帰す」の意味・読み・例文・類語

せめ【責】 一人(いちにん)に帰(き)

すべての責任は、煎じつめれば結局一人主権者にある。
平家(13C前)一〇「時の大将軍にて候し上は、せめ一人に帰すとかや申候なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android