責一人に帰す(読み)せめいちにんにきす

精選版 日本国語大辞典「責一人に帰す」の解説

せめ【責】 一人(いちにん)に帰(き)

すべての責任は、煎じつめれば結局一人の主権者にある。
平家(13C前)一〇「時の大将軍にて候し上は、せめ一人に帰すとかや申候なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android