主権者(読み)シュケンシャ

大辞林 第三版の解説

しゅけんしゃ【主権者】

〔「しゅけんじゃ」とも〕
主権を有する者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅけん‐しゃ【主権者】

〘名〙
国家の現実の支配権を持つ者。旧憲法の下では天皇、新憲の下では国民。〔仏和法律字彙(1886)〕
② 家庭、団体などで、その最終的なあり方を決定する権力を持つ者。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉二「維新前は、問屋は産業界にては唯一の主権者にして実に平民社会には上級を占めたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主権者の関連情報