主権者(読み)シュケンシャ

デジタル大辞泉 「主権者」の意味・読み・例文・類語

しゅけん‐しゃ【主権者】

国家主権を有する者。明治憲法下での天皇日本国憲法下での国民

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「主権者」の意味・読み・例文・類語

しゅけん‐しゃ【主権者】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 国家の現実支配権を持つ者。旧憲法の下では天皇、新憲法の下では国民。〔仏和法律字彙(1886)〕
  3. 家庭団体などで、その最終的なあり方を決定する権力を持つ者。
    1. [初出の実例]「維新前は、問屋は産業界にては唯一の主権者にして実に平民社会には上級を占めたり」(出典:日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android