大将軍(読み)タイショウグン

デジタル大辞泉の解説

たい‐しょうぐん〔‐シヤウグン〕【大将軍】

《「だいしょうぐん」とも》
古代、朝廷に反抗するものを征討するために派遣された官軍の総指揮官。「征東大将軍
平安末期、武臣を統御する人。
鎌倉時代以来、江戸時代まで武家政権の長。→征夷(せいい)大将軍2
徒党などの指導者。かしら。おさ。頭領。頭目。
暦注八将神の一。金星(太白)の精で、この神のいる方角は、三年塞(ふさ)がりといって、万事に忌まれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしょうぐん【大将軍】

〔「だいしょうぐん」とも〕
律令制で、征討軍の三軍を統率する総大将。
合戦の際に、軍兵を統率する主要な大将。
徒党などの統率者。首領。頭領。
鎌倉時代以後の征夷大将軍。
陰陽道おんようどうの八将神の一。金星の精。三年ごとに北・東・南・西の順に移動するので三年塞さんねんふさがりといってこの神の住する方位を三年ずつ忌む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐しょうぐん ‥シャウグン【大将軍】

〘名〙 (「だいしょうぐん」「だいじょうぐん」とも)
① 全軍の指揮官。総大将。〔漢書‐蕭向伝〕
② 令制で、三軍を統率する指揮官。三千人以上の編制の軍を一軍として将軍を置き、三軍に大将軍を置くと規定されている。
※令義解(833)軍防「毎三軍。大将軍一人」
③ 奈良・平安時代、朝廷に反抗する賊軍を征討する官軍の指揮官。蝦夷・隼人・反乱軍などを鎮圧する軍隊の指揮官。
※続日本紀‐天平一二年(740)九月丁亥「広嗣遂起兵反。勅以従四位上大野朝臣東人大将軍
④ 平安末期以来、官方の武士団の総大将。朝廷方の軍の指揮官。
※平家(13C前)二「保延の比(ころ)、大将軍承り、海賊の張本卅余人からめ進ぜられし賞に」
⑤ 武門の棟梁。また、一軍の統率者。武士団の指導者。
※中右記‐嘉承元年(1106)七月一六日「義家者故頼義長男、経下野陸奥国等、位至正下四位、為院殿上武威満天下、誠是足大将軍者也」
鎌倉時代以来、江戸時代まで武家政治の長。征夷大将軍
※雑俳・柳多留‐六二(1812)「天是を大将軍へ御与へ」
⑦ 徒党などの指導者。一団の仲間を統率するもの。首領。頭(かしら)。頭領。おさ。
※今昔(1120頃か)二五「今昔、世に袴垂と云極き盗人の大将軍有けり」
⑧ 陰陽道でまつる八将神の一つ。太白星の精で、地に降り四方をつかさどるといわれる。巳午未の年は東、申酉戌の年は南、亥子丑の年は西、寅卯辰の年は北というように、三年ごとに四方をめぐって一二年目にもとの方位へもどる。この神のいる方角は、三年塞(ふさが)りといって、なにごとにも忌まれた。
※御堂関白記‐寛弘八年(1011)六月八日「是御忌方并大将軍・王相等方、依忌也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大将軍の関連情報