コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大将軍 タイショウグン

デジタル大辞泉の解説

たい‐しょうぐん〔‐シヤウグン〕【大将軍】

《「だいしょうぐん」とも》
古代、朝廷に反抗するものを征討するために派遣された官軍の総指揮官。「征東大将軍
平安末期、武臣を統御する人。
鎌倉時代以来、江戸時代まで武家政権の長。→征夷(せいい)大将軍2
徒党などの指導者。かしら。おさ。頭領。頭目。
暦注八将神の一。金星(太白)の精で、この神のいる方角は、三年塞(ふさ)がりといって、万事に忌まれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしょうぐん【大将軍】

〔「だいしょうぐん」とも〕
律令制で、征討軍の三軍を統率する総大将。
合戦の際に、軍兵を統率する主要な大将。
徒党などの統率者。首領。頭領。
鎌倉時代以後の征夷大将軍。
陰陽道おんようどうの八将神の一。金星の精。三年ごとに北・東・南・西の順に移動するので三年塞さんねんふさがりといってこの神の住する方位を三年ずつ忌む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大将軍の関連キーワード長崎県対馬市上県町志多留米澤牛焼肉重松川辨當三年塞り・三年塞がり石打ちの征矢坂上田村麻呂牛肉どまん中征夷大将軍大伴安麻呂征東大将軍松浦佐用姫鎮守府将軍三年塞がりキングダム護良親王懐良親王当麻皇子成良親王令外の官大樹将軍鎌倉時代

大将軍の関連情報