コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯留岩 ちょりゅうがんreservoir rock of petroleum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貯留岩
ちょりゅうがん
reservoir rock of petroleum

油層や天然ガス層を形成している岩石のこと。多孔質かつ浸透性をもつ岩石である。したがって一般には砂岩,多孔質石灰岩,凝灰質砂岩などから成ることが多い。また造構運動などで破壊された,亀裂の多い緻密な岩石が貯留岩となることもある。イランのペルシア湾東岸の油田はこのような石灰質貯留岩で,生産性が高い。貯留岩に好適な岩石の孔隙率は 10%以上で,浸透率は 10ミリダルシー以上である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

貯留岩の関連キーワード水押し[油層・ガス層]シュランベルジェ兄弟キャップロックタイトオイル天然ガス鉱床背斜トラップ物理検層水飽和率埋蔵鉱量端水石油油層

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android