コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔隙率 コウゲキリツ

3件 の用語解説(孔隙率の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうげき‐りつ【孔隙率】

岩石中のすきまの体積と岩石全体の体積との比。ふつう、パーセントで示す。間隙(かんげき)率。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

孔隙率

多孔質物体の孔隙性を表すもので,物体中の固体部分を差し引いた容積の物体全容積に対する比で定義される.通常は百分率で表す.この定義の孔隙率は全孔隙率(total porosity)または絶対孔隙率といい,これに対して連続してつながっている孔隙のみの容積と物体全容積の比を有効孔隙率という[Pettijohn : 1975].岩石には各鉱物粒子の間あるいは割れ目などに多少の隙間がある.これらの隙間を移動する流体を間隙溶液(pore solution)あるいは粒間流体(intergranular fluid)などと呼ぶ.堆積時の粘土の平均孔隙率は50%くらいで,時に90%のものもある[Trask : 1931].この値は擾乱して変形した堆積物では約3kmの深度の粘土質堆積物で5~8%に減少する[Athy : 1930].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうげきりつ【孔隙率】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の孔隙率の言及

【油層】より


[油層岩の性質]
 油層岩(貯留岩。図)の性状の良否を左右する物性は数多く挙げることができるが,おもなものとして孔隙率,浸透率および飽和率がある。孔隙率は,油層流体が含有される岩石中の空間部分の,油層岩全容積に対する比率で示される。…

※「孔隙率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孔隙率の関連キーワード異方性後流光沢物体多孔質細孔分布透水係数ヴェーバー数クッタ‐ジューコフスキの定理ストルーハル数

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone