コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔隙率 コウゲキリツ

デジタル大辞泉の解説

こうげき‐りつ【孔隙率】

岩石中のすきまの体積岩石全体の体積との比。ふつう、パーセントで示す。間隙(かんげき)率。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

孔隙率

多孔質物体の孔隙性を表すもので,物体中の固体部分を差し引いた容積の物体全容積に対する比で定義される.通常は百分率で表す.この定義の孔隙率は全孔隙率(total porosity)または絶対孔隙率といい,これに対して連続してつながっている孔隙のみの容積と物体全容積の比を有効孔隙率という[Pettijohn : 1975].岩石には各鉱物粒子の間あるいは割れ目などに多少の隙間がある.これらの隙間を移動する流体を間隙溶液(pore solution)あるいは粒間流体(intergranular fluid)などと呼ぶ.堆積時の粘土の平均孔隙率は50%くらいで,時に90%のものもある[Trask : 1931].この値は擾乱して変形した堆積物では約3kmの深度の粘土質堆積物で5~8%に減少する[Athy : 1930].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の孔隙率の言及

【油層】より


[油層岩の性質]
 油層岩(貯留岩。図)の性状の良否を左右する物性は数多く挙げることができるが,おもなものとして孔隙率,浸透率および飽和率がある。孔隙率は,油層流体が含有される岩石中の空間部分の,油層岩全容積に対する比率で示される。…

※「孔隙率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

孔隙率の関連キーワードウンム・シャイフ油田すき床(鋤床)磐城沖ガス田エイシーの式断層破砕帯ザクム油田電気検層火山灰土総空隙率コア試験石油鉱床貯留岩多孔度間隙率空隙率油層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android