買収罪(読み)ばいしゅうざい

大辞林 第三版の解説

ばいしゅうざい【買収罪】

公職の選挙で、特定の候補者を当選させるなどの目的で、選挙人または選挙運動者に対し、金品や公私の職務の供与など、不正な利益を与えることにより成立する罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばいしゅう‐ざい バイシウ‥【買収罪】

〘名〙 公職の選挙に際し、特定の候補者を当選させるなどの目的で、選挙人または選挙運動者に金品供与、供応など不正の利益を与えることによって成立する罪。公職選挙法二二一条に規定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の買収罪の言及

【選挙犯罪】より

…このような行為を行うことを選挙違反ともいう。選挙犯罪は,買収罪・選挙妨害罪のような自然犯的・刑事犯的なものと,選挙運動取締規定違反のような行政犯的なものに分けることができる。日本では1925年の普通選挙法の制定以降後者も処罰の対象とされ,現行公職選挙法にもこの種の犯罪が多数規定されている。…

※「買収罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

買収罪の関連情報