買収罪(読み)ばいしゅうざい

大辞林 第三版の解説

ばいしゅうざい【買収罪】

公職の選挙で、特定の候補者を当選させるなどの目的で、選挙人または選挙運動者に対し、金品や公私の職務の供与など、不正な利益を与えることにより成立する罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の買収罪の言及

【選挙犯罪】より

…このような行為を行うことを選挙違反ともいう。選挙犯罪は,買収罪・選挙妨害罪のような自然犯的・刑事犯的なものと,選挙運動取締規定違反のような行政犯的なものに分けることができる。日本では1925年の普通選挙法の制定以降後者も処罰の対象とされ,現行公職選挙法にもこの種の犯罪が多数規定されている。…

※「買収罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

買収罪の関連情報