資金総合口座(読み)しきんそうごうこうざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資金総合口座
しきんそうごうこうざ

中期国債ファンドを利用した証券会社と金融機関との提携商品の一つ。スウィープサービスともいう。普通預金の残高が 30万円をこえ,その超過分が中期国債ファンドを購入できる金額 (10万円以上1万円単位) になると自動的に中期国債ファンドを購入し,逆に普通預金が 30万円より少くなると自動的に中期国債ファンドを解約して普通預金に振込まれるシステム。 1948年に京都信用金庫と大和証券の間で開発された「京信資金総合口座」が最初のもので,その後,他の機関でも行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android