コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢者饑し伊達寒し ケンジャヒダルシダテサムシ

デジタル大辞泉の解説

賢者(けんじゃ)饑(ひだる)し伊達(だて)寒し

賢者清貧のために食べ物にも事欠き、伊達者は見えを張って薄着をするので寒い思いをするというから》世間並みでない行いをする人はつらい目にあうの意。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例