俗人(読み)ゾクジン

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐じん【俗人】

世俗の名利などにとらわれている人。風流を解さない教養の低い人。「俗人には理解できない趣味」
僧に対して、世間一般の人。世俗の人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくじん【俗人】

〔世間一般の人の意〕
風流を解さない人。高尚な趣味のない人。 「文学とは無縁の-だ」
名利しか頭にないつまらない人。俗物。
(僧侶に対して)世間一般の人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく‐じん【俗人】

〘名〙
① 僧に対して、世間一般の人。世俗の人。
※観智院本唐大和上東征伝(779)「僧道杭隠俗人家、亦被捉得
※宇治拾遺(1221頃)一二「法師のかたちに侍れど、俗人のごとくなれば」
② 世俗の営利栄誉にはしって、風流、学問を解しない人。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一「それじゃア俗人(ゾクジン)には通じますまい」 〔荀子‐儒効〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の俗人の言及

【雅俗】より

…許慎の《説文解字(せつもんかいじ)》には〈俗とは習なり〉とあって,〈俗〉を風俗習慣のこととし,また同音でことばの意味を説明する劉熙(りゆうき)の《釈名(しやくみよう)》では〈俗とは欲なり,人の欲する所なり〉と,おなじく〈谷〉を音符とする欲,すなわち人間の欲望のこととしている。〈俗人〉〈俗物〉〈俗士〉などはつまらない人間を,〈俗儒〉はつまらない学者を,〈俗語〉は定格の文章語ではない日常的言語を意味するように,〈俗〉の語が軽蔑の感情をともなって用いられるのは,風俗習慣は常識に安住し因襲にしばられたもの,また人間の欲望はいとうべきものと考えられたからにほかならない。それに対して〈雅〉は,このような〈俗〉から離脱することによって成り立つ立場であって,〈雅とは正なり〉と説かれるのがもっとも一般的である。…

【在家】より

…(1)家にあって,職業をもち,家庭生活を営む人,またはその状態をさす。俗人,在家人,居家(こけ)ともいう。出家に対する語。…

※「俗人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俗人の関連情報