清貧(読み)せいひん

精選版 日本国語大辞典「清貧」の解説

せい‐ひん【清貧】

〘名〙 貧乏だが、心が清らかで行ないが潔白であること。余分を求めず、貧乏に安んじていること。
※文徳実録‐仁寿二年(851)一二月癸未「家素清貧。事母至孝。公俸所当。皆施親友
※貞享版沙石集(1283)八「清貧は常に楽しみ、濁富は恒に愁ふと云云」 〔姚崇‐冰壺誡〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「清貧」の解説

せい‐ひん【清貧】

私欲をすてて行いが正しいために、しく生活が質素であること。「清貧に甘んずる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android