清貧(読み)セイヒン

デジタル大辞泉の解説

私欲をすてて行いが正しいために、貧しく生活が質素であること。「清貧に甘んずる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

富を求めず、正しいおこないをしていて貧しいこと。 -に甘んじる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 貧乏だが、心が清らかで行ないが潔白であること。余分を求めず、貧乏に安んじていること。
※文徳実録‐仁寿二年(851)一二月癸未「家素清貧。事母至孝。公俸所当。皆施親友
※貞享版沙石集(1283)八「清貧は常に楽しみ、濁富は恒に愁ふと云云」 〔姚崇‐冰壺誡〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清貧の関連情報