清貧(読み)せいひん

精選版 日本国語大辞典「清貧」の解説

せい‐ひん【清貧】

〘名〙 乏だが、心が清らかで行ないが潔白であること。余分を求めず、貧乏に安んじていること。
文徳実録‐仁寿二年(851)一二月癸未「家素清貧。事母至孝。公俸所当。皆施親友
※貞享版沙石集(1283)八「清貧は常に楽しみ、濁富は恒に愁ふと云云」 〔姚崇‐冰壺誡〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「清貧」の解説

せい‐ひん【清貧】

私欲をすてて行いが正しいために、貧しく生活が質素であること。「清貧に甘んずる」
[類語]貧乏貧困貧窮貧苦窮乏困窮困乏困苦生活苦ひん赤貧極貧じり貧貧寒じり安どか貧素寒貧すかんぴん不如意ふにょい文無もんな落ち目減退後退下火退潮尻すぼまり廃頽下り坂左前不振先細り下がり目低落廃る廃れる傾く寂れるつましい質素簡素地味つづまやかつつましいつつましやか質実

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「清貧」の解説

【清貧】せいひん

清廉で貧しい。陶潜貧士を詠ず、七首、七〕 昔在(むかし)あり を彈(はじ)いて(出仕して)名州に佐たり 一を辭して歸る (ほぼ)儔(たぐひ)し

字通「清」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android