購買組合(読み)こうばいくみあい

精選版 日本国語大辞典「購買組合」の解説

こうばい‐くみあい ‥くみあひ【購買組合】

〘名〙 旧制産業組合の一つ。生産活動または日常生活に必要な物資を中間者の手を経ないで大量に買い入れて、組合員に安く売却する。〔産業組合法(明治三三年)(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「購買組合」の解説

こうばい‐くみあい〔‐くみあひ〕【購買組合】

第二次大戦前の産業組合の一。生産活動または日常生活に必要な物資を大量に購入し、組合員に安く売却した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android