コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間者 ちゅうかんしゃto metaxu; intermediary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間者
ちゅうかんしゃ
to metaxu; intermediary

プラトンの哲学において2つの存在者の間にあって,両者の仲立ちをなすと考えられている存在者。少くとも3つある。その第1は形相 eidēと感覚的個物 aisthētaの間にあるもの。形相に似て不滅不変であるが形相と異なって2つ以上あり,数学的,幾何学的対象が例としてあげられている。第2にはエロスの神。エロスは愛美者,愛知者として善悪,美醜の中間に立つ。第3は霊魂 psychēで人間を地上的存在から天上的存在へと飛翔させる能力を有する。その他認識論的意味では知と無知あるいは知と思惑 (ドクサ) の中間者としての正しい思惑がある。中間者の考えは新プラトン主義などを通して,キリスト教のロゴス・キリスト観,天使観などに影響した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中間者の関連キーワードパスカル(Blaise Pascal)マンインザミドル攻撃バケツリレー攻撃イアンブリコス中間省略登記ディオティマハルジー朝市川 浩ダイモンパンセ市川浩超人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間者の関連情報