旧制(読み)きゅうせい

  • きゅうせい キウ‥
  • きゅうせい〔キウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 昔のおきて。古い制度。以前の制度。⇔新制
※翰林葫蘆集(1518頃)一・横川住景徳「乗間伺隙恣犯国家所議定之旧制
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「宿弊を改革し旧制(キウセイ)を折衷し時勢切当の法を立つべし」 〔春秋左伝注‐隠公一一年〕
② 特に、旧制高校、旧制中学など第二次世界大戦前の学校制度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧制の関連情報