赤の御飯(読み)あかのごはん

精選版 日本国語大辞典の解説

あか【赤】 の 御飯(ごはん)

※黒い御飯(1923)〈永井龍男〉「綺麗好きの母が、あれ程よく洗った釜で炊いた、その御飯はうす黒かった。〈略〉『赤の御飯のかはりだね』誰かがそんな事を云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる