小豆飯(読み)あずきめし

精選版 日本国語大辞典の解説

あずき‐めし あづき‥【小豆飯】

〘名〙 煮た小豆と、その煮汁を混ぜて炊いた飯。多く祝儀の時に用いる。川柳では女子の初潮の祝いに炊くものをさすことがある。また、疱瘡(ほうそう)のまじないに桟俵(さんだわら)にのせて辻に出す習俗もある。あかのめし。あかのまんま。
※舜旧記‐天正一一年(1583)三月九日「本所に為祝儀、赤小豆飯在之」
※咄本・私可多咄(1671)五「あづきめしがくひたい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android