御飯(読み)おまんま

精選版 日本国語大辞典「御飯」の解説

お‐まんま【御飯】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① めし、食事をいう幼児語。おまま。
※洒落本・契情買虎之巻(1778)瀬川が一念「おまんまがすぎいすと、ひいきよと、やらをしいすとやらかならずそんなわづらひを、させてばしくれなんすな」
② 俗に、生計をたてるもの。
※浅草(1931)〈サトウハチロー〉浅草小話「だって笑はなければ、オマンマにならないぢゃないか」

お‐めし【御飯】

〘名〙 (「お」は接頭語) 「めし(飯)」の尊敬・丁寧語。
※京極大草紙(室町後)食物之式法之事「汁につけてまいるには、こづけの御めしに、何れの汁にてもきこしめし度をとりてきこしめすべし」
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「あの子が夫(とと)に云分いたし、お食(メシ)もたべぬ程気をなやみまして」

ご‐はん【御飯】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 米などのめしをいう丁寧語。転じて、食事をいう丁寧語。
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)二幕「然らば身共は、御飯(ゴハン)頂戴仕りませうの」
[語誌]→「めし(飯)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御飯」の解説

ご‐はん【御飯】

米などのめし、食事を丁寧にいう語。「ご飯を炊く」「ご飯にする」

お‐まんま【飯】

飯(めし)・食事の、俗な言い方。「仕事がなくてはお飯の食い上げだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android