コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井龍男 ながいたつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永井龍男
ながいたつお

[生]1904.5.20. 東京
[没]1990.10.12. 神奈川
小説家。高等小学校卒業後,病弱のため職につかず文学に親しみ,1923年『黒い御飯』で菊池寛に認められた。 24年小林秀雄親交を結んで同人雑誌青銅時代』『山繭』などを創刊。 27年から 46年まで文藝春秋社に勤務,かたわら『由比真帆子』 (1930) ,『巣の中』 (34) ,『わるい硝子』 (35) などを発表。第2次世界大戦後は文筆生活に専念し,『朝霧』 (49) ,『青電車』 (50) を経て『風ふたたび』 (51) で新聞小説にも成功を収めた。ほかに短編集『一個その他』 (65) ,『青梅雨その他』 (66) 。 66年日本芸術院賞受賞。芸術院会員。 73年文化功労者。 81年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永井龍男
ながいたつお
(1904―1990)

小説家。明治37年5月20日、東京・神田の生まれ。高等小学校卒業。1920年(大正9)短編『活版屋の話』が菊池寛の目にとまり、懸賞に入選。ついで『黒い御飯』(1923)が菊池の編集する『文芸春秋』に掲載された。小林秀雄らと同人誌『青銅時代』『山繭(やままゆ)』に参加。27年(昭和2)文芸春秋社に入社、46年(昭和21)まで勤め、『オール読物』『文芸春秋』の編集長になった。この間、短編集『絵本』(1934)がある。第二次世界大戦後、『胡桃(くるみ)割り』(1948)、『朝霧』(1949)などの好短編、最初の新聞小説『風ふたたび』(1951)により文壇の人となり、人情の機微に触れた作風が評価される。短編の名手ぶりは『一個その他』(1965)、『青梅雨その他』(1966)などの作品集にうかがわれ、長編の代表作に『皿皿皿と皿』(1962~63)、『石版東京図絵』(1967)、『コチャバンバ行き』(1972)。その随筆にも定評があり、『永井龍男句集』(1976)もある。68年(昭和43)芸術院会員、81年文化勲章受章。平成2年10月12日没。[保昌正夫]
『『永井龍男全集』全12巻(1981~82・講談社) ▽永井龍男・庄野潤三対談『古いアルバム』(『現代日本のエッセイ・散歩者』所収・1973・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永井龍男の関連キーワード作品(文芸雑誌)永井 龍男三角 寛吉田秀雄車谷 弘丹羽文雄中里恒子文学界

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永井龍男の関連情報