コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤座憲久 あかざ のりひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤座憲久 あかざ-のりひさ

1927-2012 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和2年3月21日生まれ。岐阜県立盲学校で17年間教職につき,昭和37年教育実践の記録「目の見えぬ子ら」で毎日出版文化賞。39年「白ステッキの歌」(のち「大杉地蔵」と改題)で講談社児童文学新人賞。46年から平成3年まで大垣女子短大教授をつとめた。平成24年8月31日死去。85歳。岐阜県出身。岐阜師範卒。作品はほかに「かかみ野の土」「雨のにおい 星の声」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤座憲久の関連情報