コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤座憲久 あかざ のりひさ

1件 の用語解説(赤座憲久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤座憲久 あかざ-のりひさ

1927-2012 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和2年3月21日生まれ。岐阜県立盲学校で17年間教職につき,昭和37年教育実践の記録「目の見えぬ子ら」で毎日出版文化賞。39年「白ステッキの歌」(のち「大杉の地蔵」と改題)で講談社児童文学新人賞。46年から平成3年まで大垣女子短大教授をつとめた。平成24年8月31日死去。85歳。岐阜県出身。岐阜師範卒。作品はほかに「かかみ野の土」「雨のにおい 星の声」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤座憲久の関連キーワード天田昭次大野正男彼末宏川村勇佐伯義勝白土吾夫田中勝宣夏目晴雄福田甲子雄正森成二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone