地蔵(読み)ジゾウ

百科事典マイペディアの解説

地蔵【じぞう】

仏教の菩薩(ぼさつ)の一つ。地蔵菩薩の略。釈迦入滅後,弥勒(みろく)が出現するまでの間,現世にとどまって衆生を救い,また冥府の救済者とされる。中国では唐代から,日本では平安時代から,その信仰が盛んとなり,僧形の像が多く作られた。右手に錫杖(しゃくじょう),左手に宝珠を持つのが普通。六道(ろくどう)を守護する地蔵(六地蔵)の信仰から,道祖神庚申信仰などと結合し,民間に観音と並んで広く信仰された。また,子どもの災厄を守護するとも信じられ,賽(さい)の河原の説話などを生んだ。鎌倉〜江戸時代には種々の民間説話と習合して,延命地蔵,子安地蔵,勝軍地蔵などさまざまの名を冠した地蔵が生まれた。毎月24日に地蔵講をする地方は多い。
→関連項目閻魔観音地蔵菩薩霊験記絵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じぞう【地蔵】

菩薩の一つ。サンスクリット名クシティガルバKṣitigarbhaの訳。六道および五濁悪世を選んで救済活動にあたり,弥勒の出現まで活躍する。〈わが名を唱える人を苦から救う〉という誓願をたて,梵天,夜叉,狼,閻魔などさまざまの姿をとって衆生を導く。《地蔵菩薩本願経》によると,かつて二王がいて,一王は自ら悟ってから衆生を救おうと考え,一王はまず衆生を悟らせてから自らも悟ろうと考えた。前者は一切智成就如来,後者は地蔵菩薩である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地蔵の言及

【縁日】より

… 文献の上では,《今昔物語集》に記された観音の縁日18日がもっとも早い。平安時代には,阿弥陀,観音,地蔵の信仰が卓越しており,阿弥陀が15日,地蔵が24日となっている。なお《古事談》には,地蔵を8日にしているが,むしろ8日は薬師の縁日が一般的であった。…

【閻魔】より

…閻魔は冥府の王として仏教とともに日本に入り,恐ろしいものの代名詞とされたが,地蔵菩薩と習合して信仰対象にもなった。奈良時代には閻羅王と書かれ,まれに閻魔国とも書かれている(《日本霊異記》)。…

【笠地蔵】より

…昔話。無欲な爺が笠をかぶせた地蔵から幸運を授けられる話。地蔵の数や爺の職業は一定していないが,沖縄を除く日本各地に分布する。…

【地蔵菩薩霊験記】より

…平安時代の仏教説話集。三井寺の僧実睿(じつえい)(1033年彼が地蔵像を修理した話が本書にみえる)撰と称する2巻本と,さらに,それに実睿撰と称する巻三,良観(16~17世紀の人であるが伝不明)撰と称する巻四~十四を加えた14巻本とが存在する。内容は,地蔵を安置する寺院の縁起,地蔵信仰によって得た利益(りやく)など,基本的には阿弥陀や観音の霊験譚と異なるものではないが,地獄から蘇生した話が多く見られるのが地蔵の霊験譚の特徴である。…

【地蔵盆】より

…8月23,24日に行われる地蔵をまつる行事のこと。京都を中心とする近畿地方で子どもによって行われている。…

【水子】より

…近年,妊娠中絶した胎児に対して,供養するという考えがでてきて〈みずこ〉が一般化したものである。現代では,水子地蔵,水子観音を新設する寺が増え,水子のたたりがうんぬんされるようになった。民間の風習では,7歳以下の子どもは,人間の子と考えず,まだ神の子であるという考え方があり,死んでも仏にはならないため,葬式や埋葬も一般の人とは別にした。…

※「地蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地蔵の関連情報