コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松小寅 あかまつ ことら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松小寅 あかまつ-ことら

1890-1944 大正-昭和時代前期の官僚。
明治23年4月3日生まれ。赤松則良(のりよし)の5男。高知県・福岡県知事などをへて,昭和14年京都府知事となる。戦時総動員体制の確立につとめ,桂川河水統制事業,伝統工芸品輸出の促進などをおこなった。昭和19年4月25日死去。55歳。東京出身。京都帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松小寅の関連キーワードドイツ映画社会民主党(ドイツ)フィラデルフィア・フィリーズ[各個指定]工芸技術部門カミュスタージェスもの派レジスタンス文学ビゴー明治維新

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android