コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松翼 あかまつ よく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松翼 あかまつ-よく

?-? 江戸時代中期-後期の儒者。
赤松春庵の子。安永-寛政(1772-1801)ごろの大坂の人。父の友人尾藤二洲(びとう-じしゅう)にまなぶ。字(あざな)は文平,士礼。号は高洲。著作に「訓諭書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松翼の関連キーワード赤松春庵儒者