コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤血球(RBC、赤血球数) せっけっきゅう

生活習慣病用語辞典の解説

赤血球(RBC、赤血球数)

血液中に含まれる赤血球の数を調べる検査のこと。赤血球は肺から全身組織に酸素を運び、組織から肺に二酸化酸素を運びます。赤血球数が少ないと酸素の運搬能力が低下し酸欠状態になり、多いと血液の流れが悪くなり血管が詰まりやすくなります。QUPiO では男性で 440-590 万個/μl、女性では 380-520 万個/μl を正常値としています。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android