コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤貝の殻蒸し あかがいのからむし

1件 の用語解説(赤貝の殻蒸しの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

あかがいのからむし【赤貝の殻蒸し】


島根県とくに宍道湖(しんじこ)・中海(なかうみ)沿岸の郷土料理で、フネガイ科の二枚貝猿頬(さるぼお)を殻付きのまま鍋に入れ、少量の水・しょうゆ・砂糖・酒・みりんを入れて蒸し煮したもの。◇「あかがい」は中海地方で用いるさるぼおの通称。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤貝の殻蒸しの関連キーワード大橋川斐伊川宍道湖自然館ゴビウス宍道[町]宍道〈町〉島根県松江市宍道町伊志見島根県松江市宍道町佐々布島根県松江市宍道町宍道島根県松江市宍道町白石島根県出雲市園町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone