コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走り出 ハシリデ

デジタル大辞泉の解説

はしり‐で【走り出】

門口。また、門口に近い所。一説に山などの地勢が横に低く続いているさまともいう。はしりいで。
「我が二人見し―の堤に立てる槻(つき)の木の」〈・二一〇〉

わしり‐で【走り出】

家の門から走り出た所。門口。はしりで。
「隠国(こもりく)の泊瀬(はつせ)の山は出で立ちのよろしき山―のよろしき山の」〈雄略紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

走り出の関連キーワードベロニカ(伝説上のエルサレムの女性)雷鳴陣(かんなりのじん)スタンディングスタート燃料電池車(FCV)クラウチングスタートメディア・スクラムリミット・スイッチ渦状構造密度波理論駆け出す・駆出すぷちぱすぽ☆短距離競走鈴鹿の因縁八木ひなた伊豆山温泉蒸気自動車細し・美し御山見じ擦り違ふ千葉思佳牛の一散

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

走り出の関連情報