コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

走り出 ハシリデ

デジタル大辞泉の解説

はしり‐で【走り出】

門口。また、門口に近い所。一説に山などの地勢が横に低く続いているさまともいう。はしりいで。
「我が二人見し―の堤に立てる槻(つき)の木の」〈・二一〇〉

わしり‐で【走り出】

家の門から走り出た所。門口。はしりで。
「隠国(こもりく)の泊瀬(はつせ)の山は出で立ちのよろしき山―のよろしき山の」〈雄略紀・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

走り出の関連キーワードベロニカ(伝説上のエルサレムの女性)雷鳴陣(かんなりのじん)スタンディングスタートクラウチングスタート燃料電池車(FCV)渦状構造密度波理論リミット・スイッチ駆け出す・駆出すぷちぱすぽ☆八木ひなた伊豆山温泉細し・美し鈴鹿の因縁短距離競走蒸気自動車御山見じ藤本理子外園愛理牛の一散千葉思佳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

走り出の関連情報