出で立ち(読み)イデタチ

デジタル大辞泉の解説

いで‐たち【出で立ち】

旅立ち。出立(しゅったつ)。門出(かどで)。「出で立ちを見送る」
旅立ち、出陣などふだんと違った身ごしらえをすること。また、その身ごしらえ。「ものものしい出で立ち
門を出た所。門前。
「わが二人見し―の百枝槻(ももえつき)の木」〈・二一三〉
旅立ちのさいの食事。送別の宴会。
「あすの―の残りを詰める」〈浄・盛衰記
旅立ちなどの晴れの行事の準備。
「ただ京の―をすれど」〈・玉鬘〉
立身出世。栄達。
「大臣の後にて―もすべかりける人の」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでたち【出で立ち】

が原義〕
装い。身なり。身支度。 「派手な-で登場する」
旅行などに出発すること。旅立ち。門出。出発。
世間に出ること。立身出世。 「大臣ののちにて、-もすべかりける人の/源氏 若紫
門を出たところ。門前。 「 -の百枝槻の木/万葉集 213
旅立ちの際の食事。でたち。 「 -ヲスル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出で立ちの関連情報