コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出で立ち イデタチ

デジタル大辞泉の解説

いで‐たち【出で立ち】

旅立ち。出立(しゅったつ)。門出(かどで)。「出で立ちを見送る」
旅立ち、出陣などふだんと違った身ごしらえをすること。また、その身ごしらえ。「ものものしい出で立ち
門を出た所。門前。
「わが二人見し―の百枝槻(ももえつき)の木」〈・二一三〉
旅立ちのさいの食事。送別の宴会。
「あすの―の残りを詰める」〈浄・盛衰記
旅立ちなどの晴れの行事の準備。
「ただ京の―をすれど」〈・玉鬘〉
立身出世。栄達。
「大臣の後にて―もすべかりける人の」〈若紫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでたち【出で立ち】

が原義〕
装い。身なり。身支度。 「派手な-で登場する」
旅行などに出発すること。旅立ち。門出。出発。
世間に出ること。立身出世。 「大臣ののちにて、-もすべかりける人の/源氏 若紫
門を出たところ。門前。 「 -の百枝槻の木/万葉集 213
旅立ちの際の食事。でたち。 「 -ヲスル/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出で立ちの関連キーワード西川のりお・上方よしお8.6秒バズーカーイヤ サーヴィナ下駄掛け・下駄掛野口かおる待付ける身すがら是非無い狩衣装束永坂竜胆事がまし祭の使ひ是非ない走り出ぴろきばっと道心坊足占HG神体

出で立ちの関連情報